激安インクを購入する

激安インクの品質は?大丈夫?

自宅や勤務先のインクジェットプリンターを使って、文書や写真などを印刷する方は、インク代のコストがかかって困っている方も多いでしょう。インターネットで販売されている激安インクを使うと、インク代を大幅に軽減できますが、品質の面で気になって購入に踏み切れない方もいるのではないでしょうか。

インクの値段が安くなる理由

激安インクはその名前の通り、プリンターメーカーで製造されたインクカートリッジよりも安価な価格のインクで、3割?5割引きくらいの価格帯で販売されていることが多いです。何故安く出来るかと言うとインクメーカーが独自の素材を使って、プリンターに適合するインクを開発したこともありますが、独自の店舗や販売網を持たずに、インターネットや通販で直接利用者に販売しているため、中間コストを省くことができるからです。激安インクの場合は、リサイクルインクと違い、容器やICチップも各プリンターに合わせて新規に製造されています。最も安価な場合は、インクだけを袋や容器に詰めて販売され、利用者自身が用具を使って、空になったカートリッジに詰め替えて使うタイプのインクもあります。新発売のプリンターの場合はカートリッジの内容も刷新され、開発が追いつかないために、激安インクの販売がされていないことがあるので注意してください。

品質には問題ない物がほとんど

激安インクでも品質は安定した良品が多く、出荷前に十分なテストをしてから出荷されている物がほとんどです。国際的な認証を受けた工場で生産され、インクに関するトラブルがあった場合の保証期間が付いている物もあります。規定の期間内であれば、交換や返金にも応じられる業者もあり、利用者向けの相談窓口も設置されている所を選べば、安心して注文できるでしょう。ごくまれに今まで使っていたインクから激安インクに替えた際に、印刷物にかすれやにじみが出る場合がありますが、原料が違うインク同士の場合に、ノズル部分に残っていた物と新しいインクが反応し合い、一時的に印刷に変化が出ることがあります。数枚程度印刷すれば、残ったインクは使い切られてしまうので、問題なく印刷できるようになるでしょう。心配な場合は、印刷前にノズルのクリーニングをすることをおすすめします。

補充されているタイプと自分で詰め替えるタイプのどちらが良いか

激安インクには、容器に補充されている物と自分で詰め替える物とがあります。インクの扱いに慣れていない方や、メーカー品と同様にプリンターにセットするだけですぐに使いたいのであれば、容器に補充されているインクがおすすめです。誤ってプリンターの内部を汚す心配もないですし、手軽に使えます。メーカー品で製造をやめてしまった古い機種のインクも入手できることがあります。エコの観点からカートリッジの取り換え回数を減らして資源を保護したい方の場合は、詰め替えタイプがおすすめです。専用の工具やキット等を揃える必要や、周囲や内部にこぼさないように細心の注意を払う必要があります。空になったカートリッジを再利用するため、インクの残量表示を初期化しないとして使えないこともあります。印刷した物の色が通常と比べて違うのであれば、インク切れの目安となりますので、プリンターのカートリッジの残量を自分で確認するといいでしょう。