激安インクの種類

三種類ある激安インク

激安インクとして販売されているものには価格差が大きいのに気づくかもしれません。純正インクよりも安いインクには大別すると三種類あります。それぞれの特性をよく理解してどれを選ぶか検討するのが無難でしょう。

最も安い互換インク

激安インクとして最も安いのが互換インクであり、破格で販売されていたら大抵はこれが該当します。互換インクは複合機などのメーカーとは別の企業が開発して製造しているインクであり、対応する機種での動作が確認されているのが特徴です。メーカー純正品に比べて安く作れるように素材や製造工程を工夫しています。徹底的なコストカットを行って安く市場に出すことを考えているのが互換インクであり、その結果として激安インクの代名詞ともなっているのが実情です。品質へのこだわりが高いのも特徴であり、素人目では違いがないことも多いでしょう。新品として販売されているので劣化などの心配もなく、安くて安心して使えるように設計されています。

メーカーの信頼性がある汎用インク

激安インクと銘打って販売されているものの中には汎用インクもあります。基本的には汎用インクは純正インクと品質的には違いがありません。メーカーが製造している点では同じだからです。しかし、違いになっているのはメーカーがブランドを捨てているということであり、販売店のブランドとしたり、ノーブランドとしたりして販売されています。この影響でメーカー自身からの保証は受けられなくなっているのです。その代わりに値段を下げて販売することができるようになっているので激安インクとして流通しています。カートリッジ自体の見た目でも純正インクと変わらないことが多く、激安インクの中では最も品質への信頼性が高いと言えるでしょう。

エコを重視したリサイクルインク

エコの観点から作られているのらリサイクルインクであり、しばしば激安インクの仲間入りをしています。メーカー純正品のカートリッジを回収して、適切な整備を行った上でインクを再充填して販売しているのがリサイクルインクです。カートリッジ自体はメーカーのものなので認識などのトラブルが起こることはあまりないものの、何度もリサイクルしていると不具合が生じるリスクはあります。リサイクル業者が手を加えて不具合が生じない程度までリサイクルしているというのが実情ですが、その実態は業者によって異なるのも事実です。ある程度の手間がかかるので破格で販売されていることは少ないですが、激安インクの中では最も環境に配慮しているものになっています。