プリンターの激安インクについて

プリンターの基礎知識

プリンターのインクは値段が高いけど、一方で「激安インク」と呼ばれるものは、品質や安全性の面でどうなのかと思っている人も多いでしょう。ここでは、激安インクの特徴や、メリット、注意点について分かりやすく紹介します。

そもそも「激安インク」とは何か

プリンターのインクは「値段が高い」というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、一方で「激安インク」や「互換インク」などと呼ばれている安い製品もあります。まず、「値段が高い」と思われている方のインクは、「純正品」と呼ばれているもので、プリンターメーカーが製造販売しているインクになるため、それ以外のインクより値段が高くなってしまいます。一方の「激安インク」は、プリンターメーカー以外の会社が製造販売しているインクのことであり、かなり安い値段で提供されているということが大きな特徴だと言えます。値段に関しては、純正品が4000~5000円程度であるのに対し、激安インクは1000円台で購入できるため、かなりお得だと言えるでしょう。

激安インクのメリット

激安インクのメリットは、純正品と比べてとくかく安い(純正品の半額~2割程度の値段で購入できる)ということですが、それ以外にもメリットがあります。まず挙げられるのは、純正品と比べても、それほど品質に差がない場合が多いということです。多くの激安インクは、しっかりと品質管理が行われている工場で製造されているため、安全性も高いと言えますし、印刷そのものの品質に関しても、普通の人であれば純正品と見分けがつかないぐらい高品質なものが多いと言えるでしょう。そして、安いインクの中には「リサイクルインク」と呼ばれる純正品のリサイクル品がありますが、激安インクはリサイクル品とは違って、新品のものを購入して使用することができます。

激安インクの注意点

激安インクは、純正品と見分けが付かないくらい品質の高いものが多いと言えますが、中には粗悪品もあるため注意が必要です。粗悪なインクは、印刷そのものの品質が悪くなるだけでなく、プリンターが故障する原因になる場合もあるため、激安インクを選ぶ際は、値段だけでなく商品に関する情報をよく調べた上で選ぶようにしましょう。その他の注意点としては、激安インクの製造メーカーによって色の違いが多少あるということや、激安インクを使用することでプリンターの修理が保証期間内であっても有料になってしまうということが挙げられます。ですので、保証期間の修理が気になる場合は、保証期間内だけは純正品を使い、その期間が過ぎた後に激安インクを使用するなどの使い分けをするとよいでしょう。